ためしてガッテン

 1956年、オクラホマ州のシャモニーで新聞売りをしていたリチャード・ディーン・スウィンクという人物がカービン銃で自殺した。その遺書には次のように書かれている。
 「輪廻転生の理論にこの上ない関心を抱いたので、個人的に実験を試みることにした。」

戻る

抜ける